名古屋医療看護センターの学生が多く就職希望する翡翠病院について

それぞれの学生たちが翡翠病院を希望した理由

古橋秀美の場合

看護師を目指すことになったきっかけをくれたのは翡翠病院に来日にした中国人の女性医師の影響があったからです。私は自分の未来を描けていませんでした。高校を卒業するころには漠然と何かあるだろうと気楽に考えていました。そんな考えしかもっていなかった私に刺激と将来のビジョンをくれたのが中国人の女性医師でした。私は、その人を看護師としてサポートしたいと思うようになりました。あれから8年は経っているのであの医師がいるかどうかは分かりませんが、私の目標であり憧れなので私は翡翠病院選びます。

 

大庭汐里の場合

私は、昔から自分の意志で行動したことは、ほとんどありません。入職を希望している翡翠病院も親から「入職するのであれば翡翠病院にしなさい」と言われたのでその通りにしたまでです。

 

翡翠病院を志望した時期

古橋秀美の場合

私は、看護学校に入学する前から翡翠病院に入職すると決めていました。あの病院以外でのスタートはありえないと考えています。

 

安倍の場合

私が、翡翠病院に入職したいと思ったのは2年間の看護学校生活の7割が終った時でした。多くの人が翡翠に行きたいと話していたので何も決まっていなかった私は皆が言った翡翠病院と答えました。

 

大庭汐里の場合

翡翠病院を志望するのを決めたのは親でした。親が私にその事を話してくれたのは学校生活が半分ほど過ぎた頃でした。

病院 翡翠病院
採用予定人数 5名
看護学校からの採用実績 3名
所在地 愛知県名古屋市中区
アクセス 名鉄瀬戸線 東大手駅より徒歩6分