二之宮看護学校の学生が多く就職希望する神戸海が見える病院について

神戸海が見える病院の立地

神戸の港の象徴であるMOZAIKUを反対側から見る感じで立っているのが「神戸海が見える病院」です。

 

それぞれの学生たちが神戸海が見える病院を希望した理由

阿良川志津加の場合

私は、都会が好きです。田舎も良いと思った時はあるけれどもやっぱり生まれ育った町で仕事をしたいと思っています。それとこれは私の完全なるワガママなのですが、大都会の神戸の中心地よりも少しだけズレている第二の都市的な場所に憧れます。その病院は、神戸海が見える病院なのです。私の理想に完璧に近い職場なので希望する以外ないと思いませんか。

 

倉持まゆみの場合

格好良い。これだけですね。ちょっと都心部から離れているというよりハズレているところがそそられます。私の性格が少し変わっているからなのかも知れませんが、それがいいのです。

 

学生たちが望む科

倉持まゆみの希望

私は、小学校の頃に気管支炎にかかり学校へは、ろくに行くことが出来ない子どもでした。入院している病院の近くに小学校があったのでとても興味はありませんでしたが行く事が出来ないので本当に寂しい思いをしました。私は、自分の過去と同じ苦しみをしている子がいることが嫌なので私が昔から通っていた呼吸器科を望みました。

 

神戸海が見える病院から

求人の募集対象

正看護師の常勤、パートの看護助手も募集しています。

 

学生たちに向けて

神戸・三宮の中心地までには少し距離がありますが少し離れた場所から神戸を見るハイセンスな人間になれること間違いありません。

病院 神戸海が見える病院
採用予定人数 5名
看護学校からの採用実績 3名
所在地 兵庫県神戸市兵庫区新開地
アクセス JR兵庫駅より バスで20分