梅海看護学校の学生が多く就職希望する貴の河病院について

貴の河病院の立地

紀の川から流れ来る風に梅の香りが心地良い場所に建てられた学校です。

 

それぞれの学生たちが貴の河病院を希望した理由

石川早紀の場合

小さい頃からこの看護学校の横を通って中・高と学校に通いました。小・中学生の頃は、これといって何にも感じていませんでしたが、高校生の時に、自分の進路を決めなければいけない事態になりました。その時に頭に浮かんだのが梅海看護学校のことでした。人に対し優しくすることが好きであったので私は、看護の道へ進んだ方がいいのだと思い看護の道へ進み学校に推薦してもらった貴の河病院への入職を希望しました。

 

室戸笙花の場合

学校に通っている時に、本当に仲の良い友達が出来ました。その友人に誘われて私は貴の河病院を選びました。

 

学生たちが望む科

石川早紀の希望

私は、看護科を選びました。人に優しく触れることが自分では確実に出来ると思っているので入院している患者の心のケアは医者より出来ると思っています。私の力を存分に発揮できる場所は看護科以外に㋩考えられないと思っています。

 

貴の河病院から

求人の募集対象

本年度2回目の追加求人募集を明日から行います。募集内容は、看護師・准看護師若干名看護助手数名を募集しています。

 

理想の看護師像

和歌山の看護師は、いつも冷静で静かだと言われているので明るく楽しく話す看護師が働いてくれたと思っています。

 

学生たちに向けて

和歌山で働く病院を探すのであれば、関西で有数の貴の河病院で働いてみてはいかがでしょうか。他の殿病院よりもしっかりとした福利厚生しシステムがあります。

病院 貴の河病院
採用予定人数 5名
看護学校からの採用実績 3名
所在地 和歌山県紀の川市西野山
アクセス JR名手駅よりバス15分くらい