大阪白十字看護専門学校の学生が多く就職希望する橋鶴病院について

橋鶴病院の立地

日本の中のリトルコリアと言っても過言ではない下町の鶴橋から徒歩で5分位の場所に学校はあります。

 

それぞれの学生たちが橋鶴病院を希望した理由

中西翔子の場合

私は、学生の頃から韓国が大好きです。それもあり岡山から大阪のコリアンタウンと呼ばれる街に引っ越してきました。この街に看護学校があったから引っ越して来たのですが、近くに病院もありました。その病院が橋鶴病院なのです。韓国好きがそのまま楽しく暮らせる場所で私は働きたいので橋鶴病院を希望しています。

 

羽田千博の場合

学校に通っている時に、体験期間がありました。その病院が橋鶴病院でした。その時に初めて病院へ行ったのです。私はその時に一目惚れしました。院内の雰囲気からそこで働いている従業員や医師、看護師に至るまで温かい感じが私の理想でした。働くのであればやはり理想に近い場所だと、日々のモチベーションにも関わってくると思います。私は私の理想に近い病院を見つけました。それが橋鶴病院です。

 

橋鶴病院から

理想の看護師像

病院で働く人が位人では意味がありません。多くの患者に笑顔が増えるようにしなければいけません。笑顔で患者の病が治る。これは昔から言われている事ですが病というのは気からなのです。それを最初の笑顔で和らげることが出来るのは看護師の力なのです。そういう看護師が理想です。

病院 橋鶴病院
採用予定人数 19名
看護学校からの採用実績 7名
所在地 大阪市天王寺区筆ケ崎町
アクセス JR鶴橋駅から徒歩8分