左京看護専門学校の学生が多く就職希望する中京京付属病院について

中京京付属病院の立地

京都のほぼ中心地にある中京京付属病院は、京都内で1番人気の高い病院です。アクセス状態も3WAYアクセスと誰もが病院に行きやすい環境にあります。患者さんもそうですが、働いている看護師さんや医師にも通いやすいと評判の病院です。

 

中京京付属病院を志望した時期

斉藤あかねの場合

この病院を志望しようと決めたのは、看護学校に入学する前の事が原因になります。あれは高校2年生の時でした。少しミーハーな感じはありますが、私は好きなタレントが出ているドラマを見て看護師になりたいと思いました。私のような感じで看護師を目指すことになった人も少なくないはずです。ですが、きっかけになっただけです。あれがなければ私は看護師になろうとは思ってもいなかったと思います。

 

田中一颯の場合

看護師になりたいと漠然と思い看護学校に入学しました。看護師の仕事は思っている以上にハードな仕事だということを聞いてはいましたが、想像するには限界がありました。学校に在学中に病院の医療関係の問題が幾つかありました。私は、その度に自分の進路はどうすればいいのかとかんがえました。考えても、明るい未来が想像出来ませんでした。そのうちに入職する為の病院を決めなければいけない時期になってしまいました。私は、評判が均等して悪くなかった中京京付属病院を志望することにしました。入職する4ヶ月前のことでした。

 

山口真紀子の場合

私は、学校に入学した時から中京京付属病院を志望する気持ちでいました。私が看護師を目指すきっかけになった女性が中京京付属病院で仕事をしていることを知っていたからです。学校に入学したいと思うようになったのもこの女性に入院中に出会ったからです。