ゆかり看護学校の学生が多く就職希望する呉第3病院について

それぞれの学生たちが呉第3病院を希望した理由

森樹希の場合

広島県内で10年連続トップ3二入っている病院は呉第3病院しかありません。看護学校の先生も絶賛する病院の1つです。人気の理由の元になったのは20年以上前の出来事なのでした。私はまだ1歳か2歳になった位の事件があったようです。芸能人か何かの有名人に関わる病院絡みのことで一躍有名になりそのまま広島の病院の人気トップ3に居続けているのです。

 

元木柚葉の場合

小さい頃から友達のママに憧れていました。病院で働く友人のママは本当に綺麗でした。私は、病院で看護師になれば綺麗になれるのだと幼心に思いました。その頃から看護師には、どうすればなれるのか考えていました。その後、高校に進学して自分の進路を決める時に看護学校を選びました。友人のママが働いている場所で私も働きたいと考えて友人に「あなたのママは何処の病院で働いているの。」と聞いたら「え、今さら何を言っているの、呉第3病院よ」と言われて本当に驚きました。それで私は呉第3病院に入職したいと考えるようになりました。

 

丸山英子の場合

呉第3病院は、私の本当のお父さんが働いている病院です。私の親は私を生んですぐに離婚したそうです。病院で先生と看護師がむすばれたのですが、理由は聞いてはいませんが離婚はしたようです。私は父親の顔を見たことがありません。この病院い入職することが出来れば父親と会える機会が増えると楽しみにしています。